会長からのご挨拶 
  校長からのご挨拶
   
 
   
 
  恩師の近況
  OB・OGの近況
   
 
   
 
  桜美会々報
  桜美会からのお知らせ
   
 
   
 
  桜美会について
  交野高校について
  リンク集
   
 
  お問い合わせ  
     
  HOMEOB・OGの近況34期卒業生から@  
     
  クラブ活動でのこと  
     
 
34期生   白石 雅和
 
   
 
 
   
  交野高校でのクラブ活動(野球部)は、これからの僕の人生の大きなものになりました。高校1年になって入学したときは、軽い気持ちで今した。中学でもやっていたし、何とかついて行けるだろうと思っていました。しかし、その考えは先輩たちの練習を見て一気に消えました。グランドに響く何人ものでかい声や一つ一つのプレーを見ていると、高校の凄さが分かりました。はじめの方は練習もすごくしんどいし、声も出しすぎで枯れて,1日1日がとても必死でした。それでも野球が好きだったので絶対に辞めないという気持ちでした。朝練も毎日あって朝起きるのがとてもなれるまではとても苦労しました。僕の年から学区が統合されて高校の通学範囲が広がり、交野高校にしました。家は大阪市内なので、遠かったですが毎日早く起きて頑張りました。1年の頃はついて行くのに必死でしたが、3年生が引退したときは自分自身もとても悔しかったです。徐々に練習になれてくると交野野球部のモットーである「声を出す」というところを頑張りました。先生もすごく怖くて、1年の時はみんなすごい緊張感の中で練習をしていたのを覚えています。 2年になると、後輩が入ってくるのでなめられてはだめだと思って、少し強くいきました。練習でも積極的に意見を出していったり、後輩には僕たちが教えてもらった伝統をしっかり受け継いでもらえるように一生懸命教えました。

そして、自分たちの代がやってきました。みんな自分たちが最高学年になって、すごくやる気があり頑張るぞ!という気持ちと、先輩たちが居なくなってこの先どうなるのかという気持ちの二つでした。そんな中で僕は、部長に選ばれました。新チームになってからはなかなかうまく行かずに先生に怒られたり、チームの中でもいろいろありました。でもみんなで一つ一つ話し合って解決していく内に徐々にまとまってきたようでした。夏休みが過ぎ、初めての新チームでの大会である秋はまだまだチーム力が足りませんでした。冬は厳寒の中でも練習はありました。年が明け新1年生も入り、春の大会がありました。この大会もみんな頑張りました。春の大会が終わって夏の大会までは毎日が大会に残る為のサバイバルでした。そして夏がやってきました。

京セラドームでの開会式はテンションが上がりました。そして1回戦は勝ってむかえた2回戦、相手は汎愛でした。試合はずっと緊張していました。応援は僕たちの後押しになりました。結果は大敗でした。負けても悔いはないといいますがそれでも悔しかったです。毎日朝から晩までの練習や試合をこなしていくうちに得たものがいくつかありました。一つは感謝するということ。毎日のようにお弁当や洗濯などをしてくれていた親にはとても感謝しています。先生は毎日僕たちの練習のために残ってくれ、技術指導や生活面などでもいろいろと教えてくれました。村木先生と田端先生にはとても感謝しています。後週末になるといつも練習に来てくれた長谷川さんにもとても感謝しています。それ以外でもいろいろな人たちに支えられて3年間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございます。そして仲間というすばらしい友が出来ました。毎日一緒に練習をしてけんかをしたり時には笑いあったりもしました。文章でうまく伝えることは出来ないけど本当に最高の友達です。僕はこの交野高校野球部で野球が出来たこと、部長になれたこと、そのすべてを誇りに思います。この3年間の野球人生は最高の青春であり最高の宝物となりました。
 
   
 
 
大阪府立交野高等学校同窓会 桜美会事務局
〒576-0064 大阪府交野市寺南野10-1 大阪府立交野高等学校内
TEL.072-891-9251 FAX.072-891-7315