会長からのご挨拶 
  校長からのご挨拶
   
 
   
 
  恩師の近況
  OB・OGの近況
   
 
   
 
  桜美会々報
  桜美会からのお知らせ
   
 
   
 
  桜美会について
  交野高校について
  リンク集
   
 
  お問い合わせ  
     
  HOMEOB・OGの近況2013年 教育実習生より  
     
  2013年 教育実習生より  
     
  教育実習生からの一言  
   
 
 
   
 
『母校実習』
3週間という短い期間でしたが、毎日が新鮮でとても充実していました。教材研究が大変で、逃げ出したくもなりましたが生徒達から元気をもらい、頑張ることができました。
3週間たくさんの先生方や生徒達に助けられました。本当に感謝しています。復いつか交野高校に戻れる日を楽しみに、採用試験を頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
国語科 得津 瑠璃 (34期)

『素敵な日々!!』
「大好きな交野高校で教育実習をする!」 そう思いながら大学生活を過ごし、その夢が実現しました。素敵な先生方、素敵な生徒達、素敵な実習メンバーに恵まれた実習となりました。このことは一生忘れることはないと思います。皆さん本当にありがとうございました。
社会(公民)科 中西 達郎 (34期)

私は、実習期間に先生方や生徒からたくさんのことを学びました。一番印象に強く残っているのは担当の先生に言われた「相手の立場に立って考える」ということです。
相手の立場に立ってると言うことを今後の生活でも実践していこうと思います。
3週間ありがとうございました。
数学科 大東 孝司 (34期)

『高校生と実習生、大学生との違い』
今回教育実習で交野高校に帰ってきて感じたのは、交野高校は私のいた頃も今もほとんど変わっていないと言うことです。校舎はもちろんですが、私が交高生だった頃に授業を教えてくれた先生にも何人か会いましたし体育の授業も私の頃と全然変わっていませんでした。
また、教育実習中に高校生と話したりすると私たち実習生や大学生とは立場など外面的な差は多くあるが、本質とかの内面的な差はあまりないように思われます。高校生も大学生もまだ、精神的には幼く、これから社会に出て多くの苦労を味わって初めて内面的に大人になるのだと私は思います。これらの苦労は全て内面的な大人になるための試練のようなものだと思って乗り越えられるようにがんばりたいです。
理科 高木 陽太 (34期)

『生徒と音楽を楽しんだ3週間』
長いように思われた3週間もあっという間に本当に一瞬のうちに過ぎてゆきました。自分が教える立場になるということに初めはすごく不安を抱き、自信がありませんでしたが、実際に授業をしてみると自分がやった分だけ生徒が反応してくれてとても楽しかったです。やはり交高生はいい生徒ばかりです。
短い期間でしたが、彼らと共に時間を過ごすことができ、本当に良かったです。ありがとうございました。
芸術(音楽)科 照喜納 ひかる (34期)

『教育の現場』
授業の進め方、声の大きさ、説明の方法、危機管理、その他にも様々な指導を受けてきました。3週間の実習で、改善できた部分もあると思いますが、それでもまだまだ反省することがたくさんあります。
 授業以外では生徒と話しをすることでとても気持ちが楽になり、次の授業に臨む糧となっていました。生徒一人一人がとても素直で実習を楽しく過ごせました。
保健体育科 新宮 嘉晃 (34期)

『教育の楽しさ、難しさ、やりがい』
初めて授業を行ったとき、自分の力のなさ、知識のなさを痛感した。1のことを教えようと思うと10,20の知識が必要で、そのために自分自身が1から勉強しないといけないと感じた。準備ができた場合は、授業も楽しそうに受ける生徒が多く、「もっといい授業がしたい」と常に思うようになった。生徒が、できたときにうれしそうにしている顔がとても印象的だった。とてもやりがいを感じる瞬間だった。これからも様々なことを吸収し、自分自身の引き出しをさらに大きくしてゆきたい。
保健体育科 菅野 雄大 (34期)

『教育現場の難しさ』
生徒1人1人の管理を怠らないようにすることが大切だと思いました。私は、保健体育科だったのですが、生徒の健康管理、ケガの状態なども知らなければならなく、そして、声の大きさ、重要な部分をどのようにして伝え指導するのかなど教える立場の難しさを学びました。そして、今までの人生で得られなかったことがこの教育現場で、得られたことが良かったです。3週間ありがとうございました。
保健体育科 渡邊 俊治 (34期)

『教師とは』
教育実習を行うまで教師とは生徒に授業をするだけが仕事だと思っていました。しかし、いざ実習へ行くと考えが180度変わりました。教師の大変さを体感できたおかげで、これからなにか物事を見る際、1つの角度から見て決めつけることをすべきでないということを学びました。
実習中はたくさんの先生方に良くしてもらい、またたくさんの生徒と関わることができ、とても充実した3週間でした。至らぬ点がたくさん有りご迷惑をおかけしました。そしてお世話になりました。本当にありがとうございました。
英語科 井上 菜摘 (34期)

『生徒との関わりの中で』
今までの人生の中で、これほど早く過ぎ去った3週間はありませんでした。新たな課題と出会い、その課題を乗り越え、また課題と出会い、毎日がこの連続であったためだと思います。課題を乗り越えるたび、少しずつではありますが、自分自身の成長を感じ、また同時に未熟さを再確認しました。生徒との関わりの中で生きた経験をさせていただき、ありがとうございました。
家庭科 高橋 茉梨乃 (34期)

 
   
 
 
大阪府立交野高等学校同窓会 桜美会事務局
〒576-0064 大阪府交野市寺南野10-1 大阪府立交野高等学校内
TEL.072-891-9251 FAX.072-891-7315