会長からのご挨拶 
  校長からのご挨拶
   
 
   
 
  恩師の近況
  OB・OGの近況
   
 
   
 
  桜美会々報
  桜美会からのお知らせ
   
 
   
 
  桜美会について
  交野高校について
  リンク集
   
 
  お問い合わせ  
     
  HOMEOB・OGの近況2016年 教育実習生より  
     
  2016年 教育実習生より  
     
  教育実習生からの一言  
   
 
 
   
 
私の在学当時は勉強や部活動、学校行事など何事にも一生懸命に取り組み、毎日がキラキラしていました。そんな時に教師になりたいと強く思い、今、交野高校に教育実習生として受け入れて頂いて、たくさんのご指導を頂きました。交高生は、当時と変わらずキラキラしていて、挨拶も気持ちが良いです。
授業をさせて頂く中で上手くいかない事の方が多く、私の言葉足らずな指示でも生徒が動いてくれたおかげで、生徒に助けられた3週間だったと思います。私自身の能力が足らず、生徒に助けられたことを課題として受けとめ、教員採用試験に向けてがんばりたいと思います。
保健体育科 佐々木 愛実 (37期)

ずっと目標にしていた教員になることを実現するのには、私自身まだまだ足りないところをしっかり確認できた良い3週間だったと思います。良いところはしっかり伸ばして、悪いところはきっちり改善して、立派な教員になれるようこれからもっと頑張っていきたいと思います。
理科 平佐多 隆 (37期)

4年ぶりに母校に帰ってきて、制服や先生方は変わっていましたが、生徒たちの様子を見ると、変わらないなあと懐かしさを感じました。「3週間て長いやろう」と思っていた教育実習でしたが、終わるとまだ3日ぐらいしか経っていないと思えるぐらい充実していた期間でした。「授業が上手くいかない、クラブを見に行く時間がない、HRの仕事がもっとしたい、仕事が終わらない・・・。」など悔しく感じることの連続でした。教職員の皆さまには本当にお世話になり、感謝いっぱいです。この教育実習での経験を糧にして立派な教師になってみせます。そして交野高校で教育実習が出来たことを幸せに思います。
美術科 梅木 沙羅 (37期)

実際に実習が始まるまでは長いと思っていた2週間でしたが、いざ始まると毎日が学ぶことばかりで、必死に過ごしているうちに実習期間が終わってしまい、やっと少し慣れてきた頃でもあったので名残惜しいです。
 今回の実習期間で自分の知識の引き出しの少なさを痛感したので、これからまた大学生に戻りますが、この実習で学んだ沢山の事を積極的に吸収していきたいです。
音楽科 阪本 彩楓 (校外生)

交野高校を卒業してから3年ぶりに校舎に入り、お世話になった先生方とお会いすることができ、懐かしいという思いの一方で、教育実習生という生徒からすれば先生という立場に責任を感じていました。私が生徒だった頃に先生方が「交野の生徒は元気で挨拶が出来てすばらしい」とよくおっしゃっていました。正直その頃はそれほど特別なものではなく、むしろそれが普通だと思っていました。しかし、今回先生という立場で交野高校の生徒を見ると、本当に元気が良く、挨拶もできる素晴らしい生徒だなと感じました。私の母校、後輩、生徒として本当に誇らしく思います。放課後の部活動の声を聞き、「こんなにも交野高校の生徒は元気だったんだ」と気がつきました。どうか交野高校の生徒にはこの素晴らしい伝統を後輩へと伝えていって欲しいです。3週間という貴重な時間で自分自身成長することが出来ました。
英語科 箸  大輝 (37期)

3週間の教育自習を終えて「先生」という仕事の大変さと、そして日々その仕事を全うされている先生方の偉大さを実感しました。3週間は大変でないと言えばうそになりますが、先生方はこれよりももっと多い仕事量をこなされているわけで、自分も『こうなればいいな』と思う気持ちと『こうならねば』という決意をすることが出来ました。あらためて「先生」という仕事をしたいと思えたのは、指導をいただいた先生方のおかげであり、今回様々な先生方から頂いたご指導をしっかり胸に留め置き、少しでも早く教壇に立てるよう精進してゆきたいと思います。
国語科 運天 伸幸 (33期)

今回久しぶりに交野高校に戻ってこられて、本当に良い経験になりました。先生方、生徒の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
社会科 松山 美穂 (34期)

「3週間」文字にしてみると長く感じますが、実際はあっという間でした。教えるということがこんなにも難しいものとは思いませんでした。自分が理解したうえで生徒に伝えなければならない。「どうすれば楽しく理解してくれるだろう。」と頭を悩ませることもありました。最終日に生徒から「ありがとう」とお礼を言ってもらえた時は「頑張ってよかった」と思えました。たくさんの先生方から様々なアドバイスを頂きました。この経験を「教師になる。」という夢を実現させるために活かしてゆきたいと思います。
社会科 田浦 伸枝 (37期)

あっという間の3週間でした。実習期間中に体育祭があり、応援合戦や様々な種目の見学をしました。生徒は皆熱心で授業とは違う生徒の顔が見れてよかったと思います。授業では、最初の頃誤字をしてしまったり、生徒がざわざわしているのにもかかわらず授業を進めてしまったり、説明が不十分なところもありました。担当の先生や他の先生方の指導・助言をしっかりと見直し、悪かったところを改善していきました。放課後に模擬授業を積み重ね、十分な教材研究を行ったので授業をする度に徐々に上手になっていきました。そして最終週の研究授業では説明をしっかりとでき、45分を十分に使える授業をすることができました。担当の先生にも今までの授業で一番良かったと褒められ、非常にうれしかったです。また、バレーボール部の指導にも参加しました。部員のみんなは、はじめて見学に行ったときに暖かく迎えてくれて、最後まで一緒に楽しく練習をしてくれました。みんなには大変感謝しています。実習ではたくさんのことを学び、生徒の前で授業をするという貴重な経験をし、非常に充実した3週間でした。
社会科 徳永 龍馬 (37期)

教育実習生として交野高校に戻って来ることができ、とても嬉しかったです。3週間たくさんのことを学ぶことができました。この3週間を踏まえ交野高校生として恥ずかしくないよう成長してゆきます。
数学科 渡辺 一穂 (37期)

 
   
 
 
大阪府立交野高等学校同窓会 桜美会事務局
〒576-0064 大阪府交野市寺南野10-1 大阪府立交野高等学校内
TEL.072-891-9251 FAX.072-891-7315